ABOUT TOURS

リサイクルセンター見学について

はじめにはじめに

一般ごみはご存知の方が多いのですが、意外と知られていない産業廃棄物について、現場を見ることで理解を深めてもらいたいとの思いから、小学生の社会科見学だけでなく、中高生、大学生または一般の方々まで、処理場内を見学していただいております。
そこでは、恐竜の絵が描かれた重機が躍動する各プラントを間近で見ることができ、再生品にも触ってもらえます。そして、現場の作業員が自身の体験を踏まえた生の声で説明をしております。見学終了後、互いの意見を出し合い、話し合う場としての「学びの部屋」も併設しており、リサイクルセンター全体が環境学習の場として利用していただけること願っております。

リサイクルされるまでリサイクルされるまで

藤クリーンは地球の資源を大切にする会社です

施設MAP施設MAP

施設マップ

① 選別プラント

工事現場などで発生する混合廃材から、プラスチックや紙、アルミ、鉄など、リサイクルできるものを手作業で選別し回収しています。

選別プラント

② 汚泥改良プラント

建設工事の杭打ちから出る土(建設汚泥)を乾燥し、固化剤(石灰)を混ぜ再生処理土にリサイクルします。
再生品は土木工事の盛り土材等に利用されています。

汚泥改良プラント

③ 廃プラスチック再生処理プラント

①廃プラスチック類を破砕し、圧縮梱包します。工場に出荷され、燃料として利用されています。

②古いたたみは破砕し、梱包します。
工場に出荷され、緑化工事の材料や廃棄物の水分調整材として利用されています。

廃プラスチック再生処理プラント

④ 再生砕石プラント

ビルの解体工事で出るコンクリートガラやアスファルトガラを細かく破砕し、ふるいにかけ、再生砕石と再生砂にリサイクルします。再生品は土木工事の路盤材等に利用されています。

再生砕石プラント

⑤ 木くず再生処理プラント

家の解体や新築、リフォームした時に出る木材を細かく破砕します。工場に出荷され、化石燃料の代わりにバイオマス燃料として利用されています。

汚泥改良プラント

ビオガーデンビオガーデン

再生処理土と古畳の粉砕処理品を植栽の土壌に、再生砂を池底の定着土壌に、また再生砕石と廃木材のチップを遊歩道の路面材に利用しています。そしてリサイクルセンター内で使用された水を、ビオガーデン内の池と小川で循環することで、植物と微生物により自然浄化させるしくみも取り入れています。
ここには在来種を中心に約200種の植物が植栽されており、水辺には児島湖に生息する淡水魚や水生植物も見られます。ここで地域の生態系を知り、生物多様性と地域環境の保全について考えていきたいと思います。

ビオガーデンの写真

学びの場学びの場

見学終了後のふりかえりや意見交換の場として利用していただいております。
また、地域ESD推進拠点として、地域が直面する様々な課題の解決にむけての学びや活動の場として、提供させていただきたいとも考えております。

学びの場の写真

児島湖の生き物児島湖の生き物

近くの川にいそうな魚から、普段あまりじっくり見る事の出来ない魚まで、児島湖に住んでいるお魚たちを展示しています。お魚のプロフィールと一緒に楽しく学んで下さい。

ヤリタナゴ

名前:ヤリタナゴ
住所:児島湖の水草の間

ドブガイ等の二枚貝に産卵する。
ふ化した仔魚は貝の中で育つ。

モロコ

名前:モロコ
住所:児島湖の中層域

川や湖の低層を集団で泳ぐ。
水草に卵を産みつける。

シロヒレビラ

名前:シロヒレビラ
住所:児島湖の砂底

岡山県では高梁川水系に生息。
絶滅危惧種

フナ

名前:フナ
住所:児島湖の底

コイに似ているが、口元にヒゲがない。
水質環境の悪化にも強い。

ウナギ

名前:ウナギ
住所:児島湖底の岩のすき間

海で産卵・ふ化を行い淡水にさかのぼってくる。
臭覚が優れており犬に匹敵する。

ナマズ

名前:ナマズ
住所:児島湖底の泥の中

水底で岩陰や水草の物陰に潜んでいる。
口ヒゲを使ってエサを探す。(繁殖期、雄が雌の体に巻きつく。)

見学のお申し込み・お問い合わせ

人数・お時間などは別途ご相談となりますので、
まずは下記よりお申し込みください。
申し込み後、担当者より折り返しご連絡させていただきます。
ご不明点などもあれば、
申し込みフォームに記載ください。