省資源・再資源で循環型社会をめざす 藤クリーン 総合的な処理システムで行うリサイクル 岡山の産業廃棄物処分なら 藤クリーン

Facebook

お見積り・視察・見学

反社会勢力に対する姿勢

086-264-8775 086-262-7035
サービス案内写真
サービス案内 Service guide

取り扱い品目

中間処分作業及び収集運搬作業において、取扱える品目はこちらになります。

中間処理施設

破 砕 処分業 収集運搬 具体例
燃え殻 ◯天日乾燥固化 石炭がら、灰かす、コークス灰
汚泥 ◯天日乾燥固化 建設汚泥他
廃油 鉱物性油、動物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、溶剤、タールピッチ等
廃プラスチック類 ◯破砕 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等
固形状・液状のすべての合成高分子系化合物
ゴムくず ◯切断 生ゴム、天然ゴムくず
金属くず ◯切断 鉄鋼又は非鉄金属の破片
ガラスくず
コンクリートくず
陶磁器くず
◯破砕 ガラス類、製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、インターロッキングくず、
グラスウール、ロックウール、レンガくず、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、
陶磁器くず、廃石膏ボード等
がれき類 ◯破砕 工作物の新築、改築又は除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片、
その他これらに類する不要物
紙くず ◯破砕 紙くず、建設業に係るもの(新築、改築、除去に伴って生じたものの限る)
木くず ◯破砕 木くず、建設業に係るもの(新築、改築、除去に伴って生じたものの限る)
繊維くず ◯破砕 木綿くず、羊毛くず、畳などの天然繊維くず、
建設業に係るもの(新築、改築、除去に伴って生じたものの限る)

収集・運搬からリサイクルまで

解体現場で解体したコンクリートガラや木くずなど資源となる物を収集、限られた資源を有効利用するため中間処理施設に運搬し、再生品を作っています。
また、敷地内にはコンクリートガラを砕く機械や、汚泥を改良土に変える機械や肥料や燃料の原料となる木チップなどを作る機械などがあり、日々稼動しています。

建設現場から出た産業廃棄物を収集、
リサイクルセンターへ運搬。

資源を有効活用するため、施設へ迅速に収集

収集運搬車輌によって運ばれてきた木くずやコンクリートくず等を機械で加工していきます。

  • 再生砕石プラント

    再生砕石プラント

    コンクリートガラ投入状況です。

  • 汚泥プラント

    再生処理土プラント

    天日乾燥した土(右上)とタンクから出た固化剤を混ぜ、左側の機械でかく拌すると製品の改良土が出来あがり、長さ約10mのベルトコンベアーに乗って送り出されます。

  • 木チッププラント

    木チッププラント

    数分のちには木チップになり、燃料として使われます。

更に詳しい処理の工程はこちらからご覧になれます。